豊富なサービス

物流倉庫を借りることで、置き場を作ることができますが、現在では商品の検品、梱包、管理、発送まで請け負ってくれるサービスもあります。このサービスを活用することで、効率よく業務を行えます。

続きを読む

災害対策

需要が高まってきている物流倉庫ですが、これからの物流倉庫は災害対策を施した物が多くなる可能性が高いです。自家発電装置が取り付けられているものや、耐震機能がある建物などが、災害対策が施されたタイプです。

続きを読む

おすすめリンク

  • 転勤などで今の住まいを離れることになったら飯能の空き家管理はこちらにお任せしましょう。綺麗な状態を保ちたいという方は必見ですよ。

外部委託時の注意点

自分で管理している方や管理内容に不満がある方には必見ですよ。ビル管理を東京の会社に相談するとそれらの問題を解決する案を出してくれます。

様々な物を保管することが出来ます。貸倉庫をお探しん方はコチラのサイトを活用することで簡単に見つける事が出来ます。

外部委託時に開示するべき情報

コスト削減などを目的に物流倉庫を外部委託する場合、倉庫作業の何を委託するのかを明確にする必要があります。その為には、現在行っている作業フローを洗い出し、ひとつひとつのプロセスにおける必要用件と注意点を細かく記してゆきます。管理しているKPIがあれば、その作業で見ているKPIについても記載し、可能であれば現時点での作業性についてKPIを開示すると、受託先はその作業効率を判断することができます。また、実際に委託する物流倉庫を見学してもらい、作業委託に関わる疑問点などを洗い出してもらい、ひとつひとつ丁寧に回答する事で、作業委託後に事前説明との食い違いや思い違いなどが発生するリスクを減少させることができます。

外部委託切り替え時の人の問題

物流倉庫の外部委託切り替えにおいて最大のネックとなるのが人の問題です。現時点で働いている作業員が、委託後の新会社に引き取ってもらえるのか、それとも社内で配置転換となるのか、または完全解雇となるのかは、会社としての方針をしっかり決めた上で従業員に告知する必要があります。もし、これが固まる前に外部委託計画が作業員の知るところとなると、モチベーションの低下に繋がります。物流倉庫の性質上、作業員のモチベーション低下は事故や盗難などのリスク上昇に直結します。また、会社の方針が固まった後、従業員に外部委託後の処遇を伝えた際に従業員が決定を不服とした場合、ストライキやデモに突入、物流倉庫の作業がストップさせられる恐れもありますので、十分注意して結論を出す必要があります。

そのニオイやホコリの原因は空調の汚れかもしれません。ダクト清掃の依頼をして問題を解決しちゃいましょう。

相談、現地調査、見積もりのすべてが無料なハウスクリーニングサービスはこちらで受けることができますよ!

新着記事

依頼が増える

倉庫業者は、数多くあります。そのため、取引先と信頼関係を築くことで、より多くの依頼を受けることが可能になります。信頼関係を築くためには、出荷ミスをなくすことが大切になります。

続きを読む