依頼が増える

出荷ミスはしてはいけない

倉庫業者は、いろんな仕事がありますが、主な仕事は販売会社である企業の商品を保管し、日々の受注分を当日中や注文から数日以内にお客さんへ出荷するというものです。この際、商品製造メーカーから事前に入荷した商品等を保管している訳ですが、品番名の似ている物や、サイズ間違い等の出荷ミスをすることだけは避けなければなりません。全てが機械化管理されているような倉庫ではそういった心配は少なくて済みますが、商品の特性によって人の手を介さないと出荷できないような商品を扱っているような場合は細心の注意が必要です。 出荷ミスが少ない物流倉庫は信頼できる物流倉庫として信用されますので、そういった姿勢で業務を行っていれば徐々に依頼の仕事も増えるのです。

物流倉庫には多くのトラックが商品を運んできます。しかし事前の調整不足などで同じタイミングで大型トラックが来てしまうような事態になると、駐車スペース等に余裕がなくて商品の受け入れに支障をきたす場合があります。従って複数の会社の商品を取り扱っている際は、生産工場とのやり取りの際、日々の出荷数に制限をかけてもらうといったことを事前に依頼しておくことが望ましいです。場合によっては時間差の入荷も視野に入れるなどして、大きなトラックが倉庫の敷地内で身動きがとりにくいような状況だけは避けたいものです。また、倉庫に入荷と出荷の作業を委託している商品販売会社も、日々の入荷数量やダンボール数を管理し、物流倉庫の仕事がやりやすい環境を配慮してあげることも必要です。