災害対策

物流倉庫の今後の動向について

〔物流倉庫の今後の動向〕 現在様々な地域に存在する物流倉庫ですが、今後どうなっていくのかについての予測を述べることとします。 〔災害対策機能の設置〕 震災時において物流倉庫の機能が失われないためにも、災害対策を施したタイプのセンターが増える可能性があります。例えば、自家発電装置の取り付けや耐震機能が取り付けられた建物を挙げることができます。その他にも、地震の発生する確率が低くなおかつ高速道路に近い場所に建物を設置するといったことがあげられます。 〔労働面での対応〕 少子高齢化が進んでいる現在、労働人口が少なくなっても対応できるような体制を構築する可能性があります。例えば、物流倉庫に機械などを導入してオートメーションによって対処していくということです。

気を付けることについて

〔安全面〕 物流倉庫では当然ながら安全が求められますが、扱う物によってはさらなる安全が必要なこともあります。そのため安全に関する研修を定期的に開いたり、事故が起きたときの対応を決めておくことが大事です。 〔取り扱い〕 物流倉庫で扱っている物は顧客から預かったものであり、当然ながら慎重に取り扱うことが重要です。なぜならあくまで預かっている立場であり、最終的に物はお客様に届けなければならないからです。 〔期限を守る〕 物流倉庫から発送する製品は相手先によって納入時期は異なるものの、中には早く到着しなければならない物が存在します。それゆえ、納入期限に確実に間に合うような作業手順を作成して働く人全体で共有することが必要です。